住宅の寿命について

住宅の耐性による寿命

住宅の寿命と助成金制度

日本の住宅は、国交省によれば木造の寿命は27年〜30年とし、RC造や鉄筋コンクリート造は37年としていますが、本来の寿命はもっと長いと言われています。しかし、現在の日本では、建築基準法に基づく耐震基準の想定を超える複数回の震度7の地震や3連動のM9を超える大地震が発生し、更に連動型の大地震の発生が想定されているので、現在の耐震基準に制震構造や免震構造、地盤改良などの補強工事が必要とされています。その為、政府や地方自治体より補強工事に対して、様々な助成金制度が拡充されています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住宅購入と賃貸の違い All rights reserved