進んでいる注文住宅

家を守る注文住宅とは

ZEHへ移行している注文住宅

住宅は、自然の脅威や外敵から身を守る為に進化して来た経緯があり、実際に昭和25年に建築基準法が制定されるまでは思い思いの場所に好き勝手な造りの住居を構えていましたが、現在では2つの大震災の経験を踏まえネット・ゼロ・エネルギー・ハウスへ移行しつつあります。その為、建築構造の高断熱化だけで無く、複層ガラスや断熱サッシ、コジェネレーション、燃料電池コジェネレーション、太陽光発電などの施工及び設置が進められています。

一次消費エネルギーゼロ住宅実現

住宅は、バブル経済崩壊後建物の品質もさる事ながら価格が重要視されて来ましたが、阪神淡路大震災以降は耐震性や制震制震性、免震性などの耐久性が重要視されて来た経緯があります。しかし、東日本大震災以降は、2020年にネット・ゼロ・エネルギー・ハウスへのシフトチェンジが義務化されています。その為、注文住宅には現在のシリコン性のソーラーパネルでは無く、CISソーラーパネルやCIGSソーラーパネルの導入が期待されています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住宅購入と賃貸の違い All rights reserved